中高年向けの出会い系サイト紹介・体験談、ギャル・人妻・熟女風俗嬢の紹介など、夜遊び情報をご案内! 

中高年向けの出会い系サイト紹介・体験談、ギャル・人妻・熟女の紹介など、夜遊び情報をご案内!
中高年出会い系夜遊びガイドTOP > 中高年の出会い系 > 出会い系用語集2 サクラ・個人情報収集業者

出会い用語集 「サクラ・個人情報収集業者」 見分け方

サクラ・個人情報収集業者
サクラ出会い系サイト運営会社で雇われた、女性会員になりすまし、男性会員へメールを送る、サイト公認のアルバイトのことです。
メールレディーなどとも呼ばれますが、「レディー」とは名ばかりで、男性の場合も多いそう。
悪質なサイトになると、サクラ100%、素人の女性会員0%、という割合のところもあります。

また、運営会社側が用意したサクラではなく、会員を装った個人情報収集業者が紛れ込んでくる場合もあるので、直アド交換が可能なサイトにおいて信頼関係が築けていない相手には、不用意にアドレスを教えない方がいいでしょう。
彼らの目的は、会員のメールアドレスなどを集めて、他の悪質な出会い系業者に販売するためです。
迷惑メール(スパムメール)が爆発的に増加する原因となりますのでご注意ください。

もし業者と疑わしき人物と遭遇した場合は、サイトのサポートセンターに一報を入れましょう。
優良な出会い系サイトであれば丁寧に対応してくれるはずです。

「サクラ」の語源
露店などの仲間うちで客のふりをし、品物を褒めたり、買ったりして、他の客に買う気を促す人のことです。「当て馬(相手の反応やようすを探るためだけにあてがうこと。また、その者)」から「さくら(馬肉)」へと転じた、という説があります。

サクラ・業者と素人女性(一般会員)の顕著な違い
AD10011 長袖ブルゾンサイトによって、「結婚願望の強い独身女性が集まりやすいサイト」「お遊び感覚の主婦(人妻)が多いサイト」「遊びに積極的な(いわゆるセフレを探している)若い女性が多い」など、主要なユーザー層やユーザーの目的などが違うので、一概に「この女性はサクラで、これは本物」とは言い切れません。
(上記の業者風作業着写真と記事とは全く関係ありません。ご了承ください。)

例えば、真剣な結婚相手探しのサイトなのに、プロフィールの写メでは脱いでいる、といった場合は、サクラというよりも業者、もしくは美人局(つつもたせ)である可能性が強いといえますが、それがセフレ探しや不倫をうたっているサイトの場合はなんとも言い難いところがあります。
そういった真面目なサイトの写メで脱いでいる女性が、たとえ素人だったとしても、美人局である可能性は否めませんし、サイトの雰囲気を読めていない、ということはコミュニケーションをとる(出会いにこぎつける)のが困難な女性、というふうに判断することもできます。
ですので、サクラを見分ける際には、サイトの主要なユーザー層、主目的、などを把握することも重要かと思われます。

また「誰がどう見てもサクラである」と判断できる、わかりやすいサクラもいます。
下記に該当するようなら要注意です。

・誰に送っても話が通じてしまうような特徴のないメールを送ってくる。
・前に送ったメールの内容を憶えていない。あるいは読んでいない。
逆援助などのおいしい話を初対面でしてくる。会ってもいないのに「貴方しかいない」などと言ってくる。
・(相手の職業と合わせて考えてみて)ありえない時間帯にせっせと返信してくる。


また、「直アドをなかなか交換したがらない」場合、「サクラだから課金をさせようと引き伸ばしている」と即判断してしまうのは間違いです。
お互い相手を探っている初期の段階での申し出なら、断られて当然といえますので、今後は聞き出すタイミングを注意してみてください。

また、信頼関係を築けたはずなのに、なかなか直アドを教えてくれない素人女性会員がいることも事実です。彼女たちは「会うこと」に臆病なのかもしれませんが、メールのやりとりを楽しみたいだけの場合もあります。
サクラであっても、素人女性であっても、「縁がなかった」と諦めた方が得策かもしれませんね。

copyright © 2005-2018 中高年の夜遊びガイド all rights reserved.